生きたまま腸に届く乳酸菌のほうがいいのか?

よく宣伝でも、生きたまま腸に届くと大々的に紹介していますよね。

確かに、乳酸菌が腸に生きたまま届くと、腸粘膜を刺激して体の免疫力を活性化させてくれます。

 

ですが、乳酸菌が生きていなくても、善玉菌のエサとなり善玉菌が増えたり、

悪玉菌をそうじする作用もあるようなので、別に生きているというのはそこまで気にしなくてもいいようです。

それよりも、腸内細菌の種類にこだわるほうがいいみたいなのですが、

人間の腸内細菌は人それぞれ違います。

市販されているヨーグルトに含まれる腸内細菌もバラバラです。

 

 

これらの中には、自分にピッタリとあったヨーグルトがあるみたいなのですが、

それを見つけるにはまず2週間ほど毎日ヨーグルトを食べてみる。

そして、便がしっかりと毎日バナナの形ぐらいのが出るなら、それはあなたに合っているヨーグルト(乳酸菌)ということになります。

もし、ダメでも次のヨーグルトに変えればいいだけですよね。

 

ぜひぜひ、自分にあった乳酸菌を見つけて毎日摂って、老化予防や美容に役立ててくださいね。

腸内細菌がキレイだと、イライラしなくなったり、集中力のアップにもつながりますよ

Comments are closed.